合診療科

何かがおかしいと感じたとき、それは病気のサインかもしれません。

早期に発見し、迅速に診断・治療を行うため、一連の流れに添って診察を行います。
(獣医師の判断によって前後することがあります。)
(爪切りや肛門腺しぼりは診察の際に無料で行っております。)

① 受け付け
① 受け付け 診察券をご提示ください。
順番にお呼びいたします。
当院は予約診療も可能です。事前にご連絡ください。
② 体重測定
② 体重測定 まずは、体重測定です。体重管理はペットの健康管理にとても重要です。
急激な体重の増減は病気のサインかもしれません。
③ 顔面、目のチェック
③ 顔面、目のチェック 顔面の対称性、眼球、眼瞼などをチェックしていきます。
眼球の異常がある場合、詳細な眼科検査(検眼鏡検査、眼圧測定)を行います。
④ 口腔内のチェック
④ 口腔内のチェック 歯石の有無、口腔疾患の有無をチェックしていきます。
ペットの高齢化が進み、予防歯科の重要性が高まっています。
⑤ 耳のチェック
⑤ 耳のチェック 過剰な耳垢や、炎症がないかをチェックしていきます。耳をかく、頭を振るなどの症状は外耳炎の可能性があります。
必要に応じ耳垢検査を行い、耳道洗浄を行います。
⑥ 爪切り(足裏、足の毛のチェック)
⑥ 爪切り(足裏、足の毛のチェック) 爪切りをしながら、足裏や足の毛をチェックしていきます。感染による炎症、しこりがないか観察します。また伸びすぎた指先の毛は滑らないように診察室内で切ることがあります。
室内犬や老犬の爪の伸びすぎには注意しましょう。
⑦ 聴診
⑦ 聴診 心臓の雑音や不整脈がないか、心拍数、肺音などを聴診していきます。
必要に応じ、超音波検査、レントゲン検査、心電図検査を行います。
⑧ 体温の測定
⑧ 体温の測定 体温を測定することで、動物のコンディションを知ることができます。
高熱や低体温や緊急性疾患の可能性があります。
⑨ 肛門嚢しぼり
⑨ 肛門嚢しぼり 肛門嚢から肛門腺液をしぼります。
通常は排便時に出ますが、肥満犬や老齢犬では出にくくなっていることがあります。
同時に肛門周囲の皮膚やしこりの有無(肛門腺腺腫、肛門嚢アポクリン腺癌など)を見ていきます。
⑩ 触診
⑩ 触診 皮膚病がないか、腹腔内腫瘤、皮膚腫瘤、リンパ節の腫脹がないか触診していきます。
また関節の動きや神経学的な異常がないか、どこか痛みがないかを調べていきます。

必要に応じ、血液検査、レントゲン検査、超音波検査、内視鏡検査を提示していきます。

飼い主さまに病気と治療をわかりやすく説明し、動物たちにとって最良の治療を選択していきます。

一般内科

がん・腫瘍科 ・・・ リンパ腫、乳腺癌、肥満細胞腫、血管肉腫、メラノーマ、膀胱移行上皮癌、軟部組織肉腫、鼻腔内腺癌、など
循環器科 ・・・ 僧帽弁閉鎖不全症、猫の肥大性心筋症、動脈管開存症、フィラリア症、血栓塞栓症、不整脈など
消化器科 ・・・ 食道炎、胃腸炎、炎症性腸疾患・IBD、リンパ管拡張症、大腸炎など
肝/膵/胆臓内科 ・・・ 肝炎、肝硬変、肝不全、胆嚢炎、胆嚢粘液嚢腫、急性膵炎、慢性膵炎、膵外分泌機能不全など
皮膚科 ・・・ アトピー性皮膚炎、膿皮症、ノミアレルギー性皮膚炎、脱毛症(パターン性脱毛)、脂漏症、ニキビダニ感染症、マラセチア感染症、外耳炎など
呼吸器科 ・・・ くしゃみ、咳、鼻炎、副鼻腔炎、気管虚脱、気管支炎、肺炎
泌尿器科 ・・・ 腎不全(慢性腎臓病)、腎結石、膀胱結石、尿道/膀胱炎など
脳神経科 ・・・ 発作、脳腫瘍、椎間板ヘルニア、脊髄疾患など
内分泌科 ・・・ 副腎機能亢進症(クッシング症候群)、甲状腺疾患、糖尿病など
眼 科 ・・・ 角結膜炎、角膜潰瘍、緑内障、白内障、緑内障、流涙症、ぶどう膜炎など
歯 科 ・・・ 歯周病、根尖膿瘍、腐食、ネコの口内炎など

一般外科

がん・腫瘍科 ・・・ 皮膚腫瘤摘出、乳腺摘出術、肺腫瘤摘出、脾臓腫瘤摘出、骨肉腫断脚術、口腔内腫瘤摘出、肝臓腫瘤摘出術など
循環器外科 ・・・ シャント血管整復、動脈管開存症整復
整形外科 ・・・ 骨折整復術、膝蓋骨脱臼整復術、靭帯整復など
消化器外科 ・・・ 胃切開、腸切開・吻合術、胃拡張胃捻転症候群整復など
呼吸器外科 ・・・ 気管切開、気管虚脱整復術、喉頭虚脱整復術など
泌尿器外科 ・・・ 膀胱結石摘出、腎結石摘出術など
肝/膵/胆臓外 ・・・ 肝臓腫瘍摘出、胆管閉塞整復、胆石摘出など
脳神経外科 ・・・ 椎間板ヘルニア整復、環椎軸椎体不安定症整復など
Copyright ©2015 Morikawa Animal Hospital All Rights Reserved.
患者様ご来院エリア:大田区 池上 蒲田