科

歯がぐらぐらする。
歯石が付いて匂いが強い。
口を痛がる。よだれが多い。歯肉が赤い。顔が腫れている。
口腔内にしこりがある。

などの症状があれば、できるだけ早めにご相談ください。

歯科

疾患/病名

歯周病(歯肉炎、歯周炎)、根尖周囲病巣・歯瘻、舌炎、口腔鼻腔瘻、猫の歯肉口内炎、免疫介在性口腔疾患、
唾液腺嚢胞、軟口蓋過長、口蓋裂、乳歯遺存、
口腔内腫瘍性疾患(口腔内メラノーマ、扁平上皮癌、口腔内繊維肉腫、棘細胞性エナメル上皮腫、エプリス)など

歯周病(歯肉炎、歯周炎)

歯周病は、犬・猫をふくめすべての動物が抱える病気です。
歯周病とは歯垢中の細菌が表面に付着して、歯周組織(歯肉、セメント質、歯根膜、歯槽骨)が炎症を起こす病気です。
3歳以上の成犬・成猫の約80%が歯周病をもっているといわれています。

歯根膿瘍によって頬部皮膚に穴が開いた症例
歯根膿瘍によって頬部皮膚に穴が開いた症例

早期の治療も大事ですが、一番大事なのは予防です。当院では定期的な歯石除去(スケーリング)を行っております。
また、歯石除去と同時に歯根治療も行うことができます。

スケーリングについて

〇術前 重度歯石の沈着と歯周病
術前 重度歯石の沈着と歯周病
〇超音波スケーリング装置による歯石の除去
超音波スケーリング装置による歯石の除去
〇ポリッシング(研磨)処置
ポリッシング(研磨)処置
〇術後
術後
歯周ポケットへの薬剤投与による予防処置
歯周ポケットへの薬剤投与による予防処置

乳歯遺残

乳歯から永久歯への交換は通常、犬・猫とも約3か月齢に始まり、7か月齢までにほとんが永久歯に変わります。
乳歯遺残になると
  永久歯が異常な位置に生えてしまうので、歯並びが悪くなります。結果、歯と歯が接触したり、歯により粘膜
  が傷ついてしまうこともあります。
  歯と歯が密着してしまい、歯垢・歯石が付きやすく、歯周病の原因となります。
乳歯遺残があれば、必要に応じて予防的に抜歯が必要になります
特に、チワワ、トイ・プードルなどの小型犬種に多く認められます。
乳歯遺残

その他

口腔内腫瘍
ワンちゃん、ネコちゃんともに比較的発生率の高い腫瘍です。
腫瘍の種類、大きさ、周囲組織への浸潤、転移の有無などによって治療方法が大きくことなります。

犬の口腔内扁平上皮癌
犬の口腔内扁平上皮癌
悪性黒色腫 (メラノーマ)
悪性黒色腫 (メラノーマ)

Copyright ©2015 Morikawa Animal Hospital All Rights Reserved.
患者様ご来院エリア:大田区 池上 蒲田