膚科・マイクロバブル

皮膚が赤い。湿疹がある。
皮膚や手先をなめる、かゆがる。
フケが多い。皮膚がベタベタする。
脱毛がある。
皮膚が匂う
皮膚にイボや腫瘍がある。
耳をかゆがる、耳介部が赤い、耳の中の匂いが強い。

疾患/病名

感染性疾患   )表在性膿皮症、深在性膿皮症、皮膚糸状菌症、マラセチア症、
         ノミアレルギー性皮膚炎、食物性アレルギー、アトピー性皮膚炎、
耳の病気    )外耳炎、中耳炎、内耳炎、耳道内腫瘍性疾患(耳垢腺癌など)
ホルモン性疾患 )副腎皮質機能亢進症、甲状腺機能低下症
自己免疫性疾患 )天疱瘡、無菌性結節性脂肪織炎、薬疹
腫瘍性疾患   )皮膚型リンパ腫、扁平上皮癌、皮膚型血管肉腫、脂肪腫、脂肪肉腫、
         乳頭状腺腫、メラノーマ、皮膚形質細胞腫、皮膚組織球腫
                                     など
皮膚科

当院では、皮膚科専門医による診療も実施しています。
専門医診療は完全予約制となります。診療日は不定期となりますので、スタッフまでお問合せ下さい。

皮膚科 大隅 尊史(おおすみ たかふみ)
治らない皮膚病でお困りの飼い主様は多いと思います。「何で治らないんだろう?うちの子だけ治らないのかな?治療はいつまで続くのだろう?どこに行っても治らないのかな?」これらの不安を、きちんとした説明で少しでも取り除くことが大切であり、私たち皮膚科医の役目はそこにあると思っています。やるべきことが分かると飼い主様もホッとした気持ちになるようです。皮膚病でお困りの方は、是非一度相談にいらしてください。

● 東京農工大学附属動物病院皮膚科シニアレジデント
● 岐阜大学連合獣医学研究科博士課程
● 株式会社VDT非常勤皮膚科医
● 日本獣医皮膚科学会認定医(2012年取得)
● 獣医腫瘍科認定医Ⅱ種(2016年所得)

経 歴
2008:日本大学生物資源科学部獣医学科卒業
2008:東京大学付属動物医療センター 内科系研修医
2010:ピジョン動物愛護病院勤務
2012:東京農工大学附属動物病院皮膚科単科研修医兼任
2013:ウィスコンシン大学動物医療センター皮膚科 visiting resident
2014:東京農工大学附属動物病院皮膚科レジデント
    (アジア獣医皮膚科専門医協会レジデント課程)
2017: アジア獣医皮膚科専門医協会レジデント課程修了
    岐阜大学連合獣医学研究科博士課程入学
    東京農工大学附属動物病院皮膚科シニアレジデント
    株式会社VDT非常勤皮膚科医

Copyright ©2015 Morikawa Animal Hospital All Rights Reserved.
患者様ご来院エリア:大田区 池上 蒲田